【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!おすすめ翻訳業者比較ランキング
【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!おすすめ翻訳業者比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

TOP » 【PR】翻訳依頼で失敗しないためのコツ

【PR】翻訳依頼で失敗しないためのコツ

翻訳してもらったはいいが、希望通りの仕上がりにならなかった…あるいは外国人から翻訳が間違っているという突っ込みが入った、などといったトラブルはありませんか?

もしかしたら、翻訳会社への依頼方法が間違っているのが原因かもしれません。そこでここでは、翻訳品質に影響するとされる「依頼前に準備しておくもの」や「見積もりのチェックポイント」について詳しくご紹介します。

翻訳依頼する前に準備しておきたいこと

翻訳会社に依頼する際には、原文となる原稿があれば良いはず、と思いますよね。しかし、できる限りクオリティを高めるためには、相手に「どんな風に書いて欲しいのか」を詳しく伝える必要があります。そのため、次のような書類を添付しておくと真意を理解してもらいやすいでしょう。

翻訳の参考になる資料

翻訳のプロであるからには、参考資料を用意しなくてもきっと問題なく原稿が書けるだろう…と思われるかもしれません。もちろん基礎的な外国語に関しては不要ですが、例えば医療品や医薬品、化学的な分野など専門性が高い内容となると、求められる細かいニュアンスを事前に把握する必要性が出てきます。

そのため、参考資料として専門誌のコピーや新聞、パンフレット、カタログ、関連する情報が記載されているホームページのURLなどを一緒にまとめておくと、翻訳家にとっても分かりやすいでしょう。

原稿の見本

日本語にも英語にも、その書籍や媒体によってふさわしい文体というものがあります。ただ伝われば良いというわけではなく、できれば読み手にとって興味深く読める文章に仕上げたいですよね。代表的なところでは「です・ます」調か「である」調か、という問題がありますが、それ以外にもどの程度文を硬くするか、といったポイントが重要です。

読みやすく柔らかい文章であれば親しみを感じさせますし、より技巧が必要な硬めの論説調であれば専門性や、その媒体の格式の高さを窺わせます。どういった文章が効果的なのか、目的に合わせて考えてみてください。

表記ガイド

結果的には同じ意味であっても、文章の中で表記を統一することは読みやすさの上でも大切です。「金額(15,000円か、1万5,000円かなど)」や「どこまで漢字で書くか(その時、但し、事、何を、など)」といった表記についても、一覧にまとめておくのがおすすめと言えます。もし極力避けて欲しい表現、できるだけ使って欲しいキーワードなどがあれば、併せて記載すると良いでしょう。

確認しておきたい!見積書の項目とは

後のトラブルを生まないためにも、見積書を提示されたらよく料金をチェックしておくことが大切です。基本的には1文字いくら、で換算されることが多いので、字数と比較しながらトータルの料金を計算してみます。

注意したいのは「オプションサービスや、納品後の保証などが存在するか」について。会社によっては文章作成後、外国人によるネイティブチェック(校正)をオプションで行っていることもあるためです。また、納品後の修正に関してもいつまで、という期限が決まっていないか念のため確認しておきましょう。

費用は一般的に、内容の専門性が高まるほど上がる傾向があります。急ぎの依頼も単価が割増される確率が高いですから、余裕を持って依頼を行いたいものです。

英語翻訳で候補にいれたい会社とは

英語翻訳を依頼する上で、候補に入れたい翻訳会社としては「ケースクエア」が挙げられます。医学や医薬品分野、法務分野、心理学分野、財務・金融分野、ビジネス文書、コンピュータ関連などそれぞれに専門性の高い翻訳家が揃っているにもかかわらず、英訳、和訳を問わず1文字11円から(分野によって11円~18円ほどが目安)と良心的な価格で対応してくれるのが特徴です。

見積もり最短1時間、24時間無料見積もり受付と、スピーディーな受注も魅力。英語力があるだけでは翻訳が難しいとされる専門性の高い分野でも納期を必ず守り、ハイクオリティに仕上げられると定評のある会社なので、初めての方でも信頼して依頼できるのではないでしょうか。

サービスの流れを見ても、問い合わせ→見積もり→正式発注→作業、納品→請求書送付・支払いととてもシンプル。文字数が多いほど割引を受けられる「ボリューム割引」にも対応しているそうですから、非常に助かりますね。

無料のトライアルサービスも実施!

とはいえ、初めて依頼するからにはあらかじめ実力を確認しておきたい…という方も多いはず。そこでケースクエアでは、何と無料でトライアルサービスを実施しています。英語4,000ワード以上、日本語4,000字以上とある程度ボリュームのある原稿に限られますが、200ワード、あるいは200字程度の範囲でお試し翻訳が受けられるというものです。

日本語でも英語でも、200ワード(字)程度あればどういった文章になるか大体の想像がつきますから、信頼できる翻訳会社に任せたい、と思われる方はぜひホームページから問い合わせてみてくださいね。

ケースクエアのHPから問い合わせてみる

ケースクエアの会社概要

会社名 株式会社ケースクエア
所在地 (翻訳事業部) 〒158-0082東京都世田谷区等々力6-3-16
「頼れる」翻訳会社はどこ?翻訳会社TOP5ランキング 詳しくはこちら
実績
料金
スピード
口コミ
学術論文
各種証明書(公的文書)
特許・契約書
ビジネス文書
その他(マニュアルなど)
国内のマンガ・ゲーム・イベントの翻訳
技術
医療
法律
金融
歯科
土木・建築翻訳
IR・会計
会社設立
ビザ申請
英語
中国語・韓国語
北欧5カ国語に対応する翻訳会社
ニーズが高まる翻訳・アラビア語
フランス語対策における翻訳会社の探し方
ドイツ語
スペイン語
ロシア語を取り扱う翻訳会社
ポルトガル語を取り扱う翻訳会社
イタリア語を取り扱う翻訳会社
トルコ語を取り扱う翻訳会社
ラテン語を取り扱う翻訳会社
ギリシャ語を取り扱う翻訳会社
ポーランド語を取り扱う翻訳会社
チェコ語を取り扱う翻訳会社
ペルシア語を取り扱う翻訳会社
インドネシア語を取り扱う翻訳会社
アラビア語を取り扱う翻訳会社
アイスランド語を取り扱う翻訳会社
マレーシア語を取り扱う翻訳会社
フィリピン語を取り扱う翻訳会社
スワヒリ語を取り扱う翻訳会社
ウルドゥー語を取り扱う翻訳会社
ベンガル語を取り扱う翻訳会社
タイ語を取り扱う翻訳会社
スロベニア語を取り扱う翻訳会社
エストニア語を取り扱う翻訳会社
セルビア語を取り扱う翻訳会社
カンボジア語を取り扱う翻訳会社
ヘブライ語を取り扱う翻訳会社
ベトナム語を取り扱う翻訳会社
スロバキア語を取り扱う翻訳会社
オランダ語を取り扱う翻訳会社
クロアチア語を取り扱う翻訳会社
キルギス語を取り扱う翻訳会社
ウズベク語を取り扱う翻訳会社
翻訳業者を決めるポイント
依頼の流れ
アイコス
アットグローバル
インターブックス
エディテージ
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
グローヴァ
ケースクエア
サンフレア
ジェスコーポレーション
トランスワード
ロゼッタ
ユレイタス
ACN
JOHO
NAIway
翻訳センター
スピード翻訳 by GMO
WIPジャパン株式会社
ブレインウッズ
Accent(アクセント)
知財コーポレーション
SDLジャパン
アークコミュニケーションズ
ページの先頭へ