【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!おすすめ翻訳業者比較ランキング
【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!おすすめ翻訳業者比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

TOP » 言語別おすすめ翻訳会社の選び方 » カンボジア語を取り扱う翻訳会社

カンボジア語を取り扱う翻訳会社

カンボジア語はオーストロアジア語族のモン・クメール語派に属する言語です。
ここではカンボジア語翻訳可能な会社の特徴を紹介しています。慣れないカンボジア語は翻訳会社で簡単に解決しましょう。

カンボジア語の特徴

カンボジア語の基本の語順は、[主語-述語-補語][被修飾語-修飾語][付属語-自立語]です。
文字の仕組みは、33個の子音文字の上下左右に22種類の母音記号をつけます。

おすすめのカンボジア語対応翻訳会社

ここからは、カンボジア語に対応する翻訳会社を紹介します。
それぞれの会社の特徴を紹介していますので、自身に合った会社を選択しましょう。
※当サイトに掲載されているカンボジア語の翻訳が依頼できる会社の中から、無料トライアルとネイティブチェックに対応している会社をピックアップ(2021年8月調査時点)

Accent(アクセント)

  • 特徴

多数の言語に対応しており、カンボジア語の翻訳も依頼できます。翻訳経験が豊かなプロジェクトマネージャーが訳文のクオリティをチェック。そのまま使える訳文を提出してくれるのが大きな特徴です。訳文を細かくチェックするような無駄な作業が必要ありません。専門性の高い内容でも、高品質で安定した訳文を提供してもらえます。

NAIway

  • 特徴

世界50言語の翻訳が可能で、カンボジア語も対応しています。また、多言語翻訳も可能で、1つの文書をカンボジア語だけではなく、英語や中国語に翻訳するという依頼も受け付けています。事前に綿密なヒアリングを行い、要望を十分理解した上で翻訳作業を実施。より満足度の高いサービスを提供できるよう努力している会社です。

アットグローバル

  • 特徴

アットグローバルの対応可能言語は40以上。日系企業も多数進出しているカンボジア語の翻訳も可能です。これまでに10万件以上もの翻訳実績(2021年9月現在)があります。対応可能ジャンルは、マニュアル文書、ビジネス文書、インバウンド、医療など。プロフェッショナリズムとホスピタリティを強く意識した対応をしてくれる会社です。

サンフレア

  • 特徴

高度な専門知識とテクノロジーを用いた翻訳サービスを展開している会社です。「どのように訳文を使っていくのか?」などを事前にヒアリングし、希望通りの訳文を目指します。およそ6,000名のスタッフがいるので、専門性の高い翻訳も可能です。専門分野だけではなく、複合分野に対して精度の高い翻訳ができるのも強みのひとつです。

ジェスコーポレーション

  • 特徴

アジア圏の言語の翻訳も積極的に行っています。カンボジア語の翻訳も可能。ビジネス文書、法律文書、インバウンド系文書など、翻訳できる文書の数は多岐にわたります。料金は、普通程度の難易度の文書なら、日本語からカンボジア語の翻訳で原文1文字あたり18円から依頼可能です。簡単な難易度の文書なら15円で受け付けてくれます。

翻訳センター

  • 特徴

『世界の言語サービス会社ランキングトップ100』の中で、『アジア太平洋部門』で第2位の実績を誇る翻訳センター。(※)日本国内だけではなく、海外からも評価されている会社です。日系企業がアジアの重要拠点として考えているカンボジア語の翻訳も可能。翻訳分野は医療、特許、工業、金融の4つをメインに据え、専門性の高い翻訳ができます。

※参照元:Common Sense Advisory 発表「2020 Rankings of Largest LSPs in the World」

その他、カンボジア語に対応している翻訳会社

ここでは、カンボジア語の翻訳を依頼できる会社の一部を紹介しています。

Green Sun Japan 株式会社

  • 特徴

Green Sun Japan 株式会社ではカンボジア語の翻訳サービスをしている翻訳会社です。
Green Sun Japan ではレベルの高い翻訳をお客さんに提供するために、人々、言語、文化に関する幅広い知識と理解を持った翻訳者が翻訳し、ネイティブトランスレーターによってダブルチェックをしています。
また、お客さんからのメールは30分以内に日本語で回答しています。ソフトウェア・ハードウェア・制御システム・ソフトウェアローカライズなどの翻訳にも対応している会社です。

株式会社クリムゾン インタラクティブ・ジャパン

  • 特徴

株式会社クリムゾン インタラクティブ・ジャパンでは日本語→カンボジア語、カンボジア語→日本語、カンボジア語→その他言語などに幅広い言語に対応している翻訳会社です。
株式会社クリムゾン インタラクティブ・ジャパンのカンボジア語の翻訳実績は、一般文書、技術、経済、医療、広報など。またカンボジアへの進出を模索している企業はカンボジアの情報収集をするための翻訳などにも対応しているので、気になるかたは相談してみましょう。

ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社

  • 特徴

ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社では30ヶ国語以上の多言語→カンボジア語に翻訳にも対応しています。
カンボジア語→30ヶ国語以上の多言語にも対応。カンボジア語翻訳の実績は、製薬説明書、会社案内、メンテナンスマニュアル、地方自治体、通信など。ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社は完成度の高い翻訳を速く提供することを心がけている翻訳会社です。

スピード感で選ぶ!レスポンスの速い翻訳会社3選

※公式サイト上で翻訳の実例や取引実績を開示しており、問い合わせ・見積り対応が最短1時間以内の翻訳会社(2021年8月調査時点)

ケースクエア

ケースクエアの画像

画像引用元:ケースクエア公式HP
https://www.wayaku-service.com/

公式HPで
無料見積もり

実績

内閣府、文部科学省、気象庁、国立国際医療センター、国立がんセンター、理化学研究所、東京大学、武田薬品、トヨタ自動車株式会社、ドコモ株式会社、日本航空株式会社、ほか多数

料金

英訳 1字/10円~
和訳 1ワード/10円~
初回お試し割引、ボリューム割引あり

スピード

見積もり 最短1時間
24時間対応が可能

口コミ

コメント期間の都合上、他の翻訳会社で断られた学術文書を、希望通りの納品期間に仕上げてもらえました。クオリティも良く、無事に学会で発表を終えることができ、非常に感謝しております。

得意な翻訳

医療、契約書、IT、ローカライゼーション、web、化学、科学、代理店契約書、法律、特許、論文、技術、ビジネス、IR、金融、マニュアル、観光、スポーツ、環境、財務、音楽、出版、映像、土木・建築、政治、電気・電子、税務、定款・約款・コンプライアンス、美術・アート、その他

ユレイタス

ユレイタスの画像

画像引用元:アクセント公式HP
https://www.ulatus.jp/

公式HPで
無料見積もり

実績

米国大手翻訳会社、大手学術出版社、英国の銀行系大手証券会社、日系自動車メーカー、書籍日英翻訳実例、文部科学省事業、株式会社角川マーケティング、アメリカ化学会、NPO法人、福島県立医科大学、東京大学出版会、富士フイルムグループ、KnowBe4、ダークホースコミックス、ほか多数

料金

英訳 1字/8.6円~
和訳 1ワード/9.6円~
初回お試し、LINE割引、ボリューム割引、新規割引、次回割引に使えるポイント制度あり

スピード

見積りは営業時間内なら1時間以内に返信
土日も営業

口コミ

コメント30名の医学の専門家が、正確な翻訳を迅速に行ってくれました。営業の方が毎週私たちのもとへ訪問し、進捗状況を共有し、かつ私たちのフィードバックをその後の翻訳に正確に反映してくれました。
引用元:ユレイタス公式サイト(https://www.ulatus.jp/

得意な翻訳

医学、薬学、生物、農学、環境科学、物理学、工学、化学、IT、経済学、経営学、ビジネス、人文社会学、芸術、その他

NAIway

NAIwayの画像

画像引用元:NAIway公式HP
https://www.naiway.jp/

公式HPで
無料見積もり

実績

朝日オフセット印刷株式会社、京都大学、順天堂大学、鳥取大学、公益社団法人日本放射線技師会、日水製薬株式会社、株式会社ツムラ、山口大学、秋田大学、万田発酵株式会社、サッポロビール株式会社、弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所、公益社団法人応用物理学会、株式会社東京海上メキシコ、NTTブロードバンド、ほか多数

料金

英訳 2,000文字/30,800円~

スピード

見積り最短60分

口コミ

コメント英語は勿論のこと、ポーランドやハンガリーなどの欧米、フィンランドやノルウェーなどの北欧などの、他社では依頼できないマイナー言語にも幅広く対応してくれます。
引用元:NAIway公式サイト(https://www.naiway.jp/voice/

得意な翻訳

観光、環境・エネルギー、金融・経済・IR・会計、保険、教育、不動産、建築・土木、IT、法律、機械、電気、医療・薬品・化学、エンターテイメント、マーケティング、出版、美術、美容、ファッション、ビジネス文書、調査表、公共交通機関、行政機関関連文書、その他

「頼れる」翻訳会社はどこ?翻訳会社TOP5ランキング 詳しくはこちら
実績
料金
スピード
口コミ
学術論文
各種証明書(公的文書)
特許・契約書
ビジネス文書
その他(マニュアルなど)
国内のマンガ・ゲーム・イベントの翻訳
技術
医療
法律
金融
歯科
土木・建築翻訳
IR・会計
会社設立
ビザ申請
英語
中国語・韓国語
北欧5カ国語に対応する翻訳会社
ニーズが高まる翻訳・アラビア語
フランス語対策における翻訳会社の探し方
ドイツ語
スペイン語
ロシア語を取り扱う翻訳会社
ポルトガル語を取り扱う翻訳会社
イタリア語を取り扱う翻訳会社
トルコ語を取り扱う翻訳会社
ラテン語を取り扱う翻訳会社
ギリシャ語を取り扱う翻訳会社
ポーランド語を取り扱う翻訳会社
チェコ語を取り扱う翻訳会社
ペルシア語を取り扱う翻訳会社
インドネシア語を取り扱う翻訳会社
アラビア語を取り扱う翻訳会社
アイスランド語を取り扱う翻訳会社
マレーシア語を取り扱う翻訳会社
フィリピン語を取り扱う翻訳会社
スワヒリ語を取り扱う翻訳会社
ウルドゥー語を取り扱う翻訳会社
ベンガル語を取り扱う翻訳会社
タイ語を取り扱う翻訳会社
スロベニア語を取り扱う翻訳会社
エストニア語を取り扱う翻訳会社
セルビア語を取り扱う翻訳会社
カンボジア語を取り扱う翻訳会社
ヘブライ語を取り扱う翻訳会社
ベトナム語を取り扱う翻訳会社
スロバキア語を取り扱う翻訳会社
オランダ語を取り扱う翻訳会社
クロアチア語を取り扱う翻訳会社
キルギス語を取り扱う翻訳会社
ウズベク語を取り扱う翻訳会社
翻訳業者を決めるポイント
依頼の流れ
アイコス
アットグローバル
インターブックス
エディテージ
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
グローヴァ
ケースクエア
サンフレア
ジェスコーポレーション
トランスワード
ロゼッタ
ユレイタス
ACN
JOHO
NAIway
翻訳センター
スピード翻訳 by GMO
WIPジャパン株式会社
ブレインウッズ
Accent(アクセント)
知財コーポレーション
SDLジャパン
アークコミュニケーションズ
ページの先頭へ