【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!おすすめ翻訳業者比較ランキング
【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!おすすめ翻訳業者比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

TOP » 言語別おすすめ翻訳会社の選び方 » スワヒリ語を取り扱う翻訳会社

スワヒリ語を取り扱う翻訳会社

スワヒリ語は、アフリカ東岸部で広く使われている言語で、ケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダでは公用語として使用されています。
ここではスワヒリ語翻訳可能な会社の特徴を紹介しています。慣れないスワヒリ語は翻訳会社で簡単に解決しましょう。

スワヒリ語の特徴

アフリカには 800~1,000 の言語があると言われているのですがスワヒリ語はその一つです。
スワヒリ語の発音はほとんどの音節が子音+母音からなり、日本語と似ているという特徴があります。

おすすめのスワヒリ語対応翻訳会社

ここからは、スワヒリ語に対応する翻訳会社を紹介します。
それぞれの会社の特徴を紹介していますので、自身に合った会社を選択しましょう。
※当サイトに掲載されているスワヒリ語の翻訳が依頼できる会社の中から、無料トライアルとネイティブチェックに対応している会社をピックアップ(2021年8月調査時点)

Accent(アクセント)

  • 特徴

スワヒリ語などの他社ではあまり取り扱っていない言語の翻訳依頼も受け付けている会社です。コミュニケーションを重視しながら仕事を進めていきます。翻訳料金は、一般文書は外国語から日本語が原文1単語あたり11円、日本語から外国語については原文1文字9円で依頼可能です。早く納品してほしいときも相談できます。

ICOS

  • 特徴

ICOSでは、信頼できる通訳者を確保するために、業界ネットワークを構築しています。また、多くの優秀な翻訳者を用意できるので、大量のドキュメントにも対応可能です。量が多くても短納期で提出してくれるのが強みのひとつ。専門性の高い文書の翻訳も可能なので、ビジネスや技術書などでも正確な訳文を提出してくれます。

アットグローバル

  • 特徴

翻訳者だけではなく、チェッカーやネイティブスタッフが力を合わせて、チーム力で質の高い訳文を作り上げてくれます。翻訳者の数は全世界で1,700人。40言語の翻訳が可能です。料金プランは3種類あり、用途や予算、求める翻訳のレベルに合わせて依頼者が自由に選べます。コピーライティングの依頼も可能です。

サンフレア

  • 特徴

世界70以上の言語の翻訳を行っている会社です。スワヒリ語も対応可能。多種多様な文書の翻訳依頼を受け付けており、複合分野にも対応できるという強みも持っています。複合分野では、クロスチェックを用いて進めていくので、品質面でも納得。世界に約6,000人の翻訳者を抱えており、それぞれが高い専門性を持っています。

その他、スワヒリ語に対応している翻訳会社

ここでは、スワヒリ語の翻訳を依頼できる会社の一部を紹介しています。

株式会社サイマリンガル

  • 特徴

株式会社サイマリンガルは東京にある大手の翻訳会社です。霞が関(金融庁、経済産業省、財務省)から翻訳依頼を受けている実績があります。翻訳分野は契約書・法律・ビジネス文書・技術文書・金融・経済・環境・医薬・通信・文化などさまざまな分野を扱っています。
株式会社サイマリンガルに登録をしている翻訳者の中からお客さんの希望に沿った人を紹介してくれます。二回目以降に利用する場合には同じ翻訳者を選択することも可能です。

株式会社クロスインデックス

  • 特徴

株式会社クロスインデックスはスワヒリ語から日本語(スワヒリ語和訳)、日本語からスワヒリ語(和文スワヒリ語訳)や、他の言語の翻訳をしてくれる翻訳会社です。個人的な内容、技術的な内容、専門的な内容までさまざまなレベルの翻訳に対応してくれます。
短い納期で翻訳をするための努力として、株式会社クロスインデックスでは24時間体制で翻訳業務に対応。また、スワヒリ語翻訳サービスに合わせて、スワヒリ語でテープ起こし、スワヒリ語で原稿執筆などのサービスもセットで利用可能。

株式会社インターブックス

  • 特徴

株式会社インターブックスは納期のスピードに合わせて二つのコースが用意されています。
A4原稿用紙1~5ページを3~4日の納期で仕上げる「翻訳スタンダードコース(通常納品)」。
A4原稿用紙1~5ページを1~2日の納期で仕上げる「スピードコース(特急納品)」から選択することができます。
また翻訳後は4段階チェックをする体制を構築し、翻訳精度のレベルを高めています。大学など教育機関の教職員・学生の方対象で、翻訳料を10%オフにしています。

対応スピードで選ぶ!レスポンスが速い翻訳会社3選

※公式サイト上で翻訳の実例や取引実績を開示しており、問い合わせ・見積り対応が最短1時間以内の翻訳会社を、掲載されている実績実例数順で紹介 (ケースクエア:127件、NAIway:89件、ユレイタス:62件)※2021年8月調査時点)

ケースクエア ユレイタス NAIway
ケースクエアの画像

公式HPで無料見積もり>>

ユレイタスの画像

公式HPで無料見積もり>>

NAIwayの画像

公式HPで無料見積もり>>

見積スピード 最短60分
(24時間対応可能)
業時間内であれば 1時間~
(土日も営業)
最短60分~
料金 英訳 1字/8円~
和訳 1ワード/8円~ 初回お試し割引、ボリューム割引あり
※価格は、2022年3月の情報です。
英訳 1字/9.6円~
和訳 1ワード/8.6円~
※価格は、2021年10月の情報です。 公式HPに税表記はありませんでした。
英訳 1字/20.35円~
和訳 1ワード/15.4円~
※価格は、2021年10月の情報です。 公式HPに税表記はありませんでした。

ケースクエアのHPで
見積もり依頼をする

ユレイタスのHPで
見積もり依頼をする

NAIwayのHPで
見積もり依頼をする

※当サイトに掲載されている翻訳業者の中から、無料トライアルに対応しており、問合せ・見積もりへの対応スピードが1時間以内と明記されている業者を翻訳料金の安い順(和訳と英訳の平均単価)に3社紹介(2021年8月調査時点)

「頼れる」翻訳会社はどこ?翻訳会社TOP5ランキング 詳しくはこちら
実績
料金
スピード
口コミ
学術論文
各種証明書(公的文書)
特許・契約書
ビジネス文書
その他(マニュアルなど)
国内のマンガ・ゲーム・イベントの翻訳
技術
医療
法律
金融
歯科
土木・建築翻訳
IR・会計
会社設立
ビザ申請
英語
中国語・韓国語
北欧5カ国語に対応する翻訳会社
ニーズが高まる翻訳・アラビア語
フランス語対策における翻訳会社の探し方
ドイツ語
スペイン語
ロシア語を取り扱う翻訳会社
ポルトガル語を取り扱う翻訳会社
イタリア語を取り扱う翻訳会社
トルコ語を取り扱う翻訳会社
ラテン語を取り扱う翻訳会社
ギリシャ語を取り扱う翻訳会社
ポーランド語を取り扱う翻訳会社
チェコ語を取り扱う翻訳会社
ペルシア語を取り扱う翻訳会社
インドネシア語を取り扱う翻訳会社
アラビア語を取り扱う翻訳会社
アイスランド語を取り扱う翻訳会社
マレーシア語を取り扱う翻訳会社
フィリピン語を取り扱う翻訳会社
スワヒリ語を取り扱う翻訳会社
ウルドゥー語を取り扱う翻訳会社
ベンガル語を取り扱う翻訳会社
タイ語を取り扱う翻訳会社
スロベニア語を取り扱う翻訳会社
エストニア語を取り扱う翻訳会社
セルビア語を取り扱う翻訳会社
カンボジア語を取り扱う翻訳会社
ヘブライ語を取り扱う翻訳会社
ベトナム語を取り扱う翻訳会社
スロバキア語を取り扱う翻訳会社
オランダ語を取り扱う翻訳会社
クロアチア語を取り扱う翻訳会社
キルギス語を取り扱う翻訳会社
ウズベク語を取り扱う翻訳会社
翻訳業者を決めるポイント
依頼の流れ
アイコス
アットグローバル
インターブックス
エディテージ
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
グローヴァ
ケースクエア
サンフレア
ジェスコーポレーション
トランスワード
ロゼッタ
ユレイタス
ACN
JOHO
NAIway
翻訳センター
スピード翻訳 by GMO
WIPジャパン株式会社
ブレインウッズ
Accent(アクセント)
知財コーポレーション
SDLジャパン
アークコミュニケーションズ
ページの先頭へ