【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

実績

翻訳会社を選ぶポイントを、実績面でまとめました。

ポイント① 翻訳実績に注目

翻訳会社を選ぶ際のポイントとして、今までの翻訳実績を見ることが重要です。
翻訳会社によっては得意な領域があり、技術的な専門分野から医学的な分野、法律や公的文書など、それぞれ翻訳会社ごとに強みを持っています。

日本国内の翻訳会社は大企業と呼ばれる会社はほぼなく、中小企業や個人で翻訳を請け負っていることがほとんどです。だからこそ、各社それぞれ強みを持っているわけです。

これから依頼をしようとしている原稿の内容と、翻訳会社の今までの実績との突き合わせは必須
もちろん、どの分野でも一定の実績をあげている総合力がある翻訳会社もあります。各社のWebサイトに掲げられている実績欄はしっかりと確認しましょう。

ポイント② 取引先にも注目

各翻訳会社の翻訳実績で取引先をチェックするのも重要な要素です。
技術的な内容にせよ、医療医的な内容にしても、官公庁や業界大手の会社と取引していることは翻訳会社の信頼性を確認することができます。

専門性が高いものほど、より高度な翻訳クオリティを要します。
そのため、料金や納品の速さばかりを気にして、仮に翻訳後に文書として齟齬が発生して取り返しの付かない事態になってしまった…ということが無いように。やはり、品質と信頼性のバロメーターとして取引先は忘れずに見ておきたいところです。とくに官公庁の翻訳を手がけている翻訳会社は、かなりの信頼性があります。

習得困難な専門分野になればなるほど、実績こそが信頼性の証となります。値段やスピードだけで判断せずに、今までの翻訳実績をチェックすることが、失敗しない翻訳会社選びに繋がります。

多彩な実績があるオススメ翻訳会社

ケースクエア
得意な分野は幅広く、実績も豊富。内閣府や国土交通省などの公的機関、東京大学をはじめとした有名大学、流通からメディア系の大手企業など、多くの取引をしている。

ユレイタス
術術論文に強い翻訳会社。取引先は東京大学や京都大学などの大学・大学院、研究所など。民間企業の研究所とも取引をしている。

クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
医学やビジネス系などの実績があり、名の知れた大学や大学病院、研究機関、その他にも有名企業との取引経験あり。特に技術系の会社が多い。

ページの先頭へ