【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

口コミ評判が高い翻訳会社おすすめリスト

グローバル化

数多くの翻訳会社の中から、口コミ評判や実績、料金や対応スピードなどを総合的に見てピックアップしました。

これらの翻訳会社はそれぞれ特徴があり、得意分野もさまざま。

会社の中で決まった翻訳会社がある場合は悩む必要もなく、すんなり決まるものですが、その翻訳会社が必ずしも空きがある状態ではありません。

グローバル化が進み、外国語を使う必要がビジネスがたくさんあります。学会や研究の現場では、国際的に日本語が基準になっている分野はほぼありません。

そのような中、翻訳需要は急激に高まっています。翻訳会社も玉石混合の時代です。

無数にある国内翻訳業者の中で厳選しました

ここでピックアップしている翻訳会社は、依頼者の専門性を理解し依頼者の助けになってくる会社ばかりです。

自ら外国語をネイティブレベルに引き上げることは、すぐにはできません。原文の言語を他の外国語に訳すことは手間がかかります。依頼主がそこまで担う必要性はなく、本業の価値を高めるために時間を使うべきです。

だからこそ間違えができない文書翻訳では、それぞれのプロフェッショナルに頼るべきです。翻訳にお困りの方で気になる会社がありましたら、ピックアップした翻訳会社たちをぜひチェックしてみましょう。

アイコス

翻訳依頼はもちろん、通訳や動画ローカライズ、アジア地域進出へのサポートなど幅広い事業を手がけている翻訳会社です。

翻訳については金融系文書やビジネス文書についての実績が豊富。技術文書のバリエーションにも長けているため、技術翻訳にも期待が寄せられています。

公式サイトには翻訳者の略歴が紹介されており、理系出身者や通信関係勤務経験者が多いことから、技術系の翻訳者を多数抱えている会社であることが伺えます。

無料で利用できるトライアル翻訳サービスがあるので、気になる方は一度試してみるとよいでしょう。

>>アイコス

アットグローバル

1999年創業の老舗翻訳会社。長年の経験と実績を活かし、英語や中国語、韓国語をはじめ、他のヨーロッパ言語やアジア言語の翻訳を中心とした業務を行っています。

中でもソフトウェアガイドやプログラミングガイドなどのIT関係や大型機械操作マニュアルなど、電気や機械関係の技術翻訳文書に対して豊富な実績を持っているところが特徴です。

無料トライアルはありませんが、見積もりは無料なので気軽に相談してみましょう。

>>アットグローバル

インターブックス

在籍している優秀なネイティブスタッフによるスピーディな対応が特徴です。

メインの翻訳以外にもDTP・編集や出版、知的財産権・特許翻訳などジャンルは幅広く、多様なニーズに対応してくれます。

1991年創業で確固たる地位を築いている会社なので、翻訳だけでなく出版や編集の相談にも乗って欲しいという時に重宝しそうです。

無料トライアルサービスはありませんが、無料見積もりを行っているので、一度相談してみることをおすすめします。

>>インターブックス

エディテージ

2002年に設立された翻訳会社です。歴史はまだ浅いですが、学術文書の校正や論文の翻訳、論文投稿のサポートなどアカデミックな分野を得意としており、研究者や学校関係者から人気を集めています。

また納品スピードが速いところも評価されていて、急ぎの翻訳も任せられるところが魅力となっています。

そのぶん1ワードあたりの単価は少々高めですが、ISMS認証を取り入れていたり、カスタマーサービスが充実していることを考えるとコスパは良好と言えそうです。

>>エディテージ

クリムゾンインタラクティブ・ジャパン

翻訳歴平均10.4年のプロ翻訳者を数多く抱えている翻訳会社です。

この業界ではめずらしくISO9001:2008を取得しており、品質マネジメントシステムに力を入れているところが特徴。

顧客のニーズに応じて翻訳者の人数が選択可能で、依頼内容に合わせて最適なプランを組めるところが利点です。

文書仕上げには複数の翻訳者による多重チェックを実施。ネイティブチェッカーも80人在籍しているため、クオリティの高い翻訳サービスを期待できます。

>>クリムゾンインタラクティブ・ジャパン

グローヴァ

多様なニーズに応えられるよう、翻訳や品質で複数のコースが設けられているところがポイント。

早めに仕上げてもらいたい、予算を抑えたいなど、依頼主の要望にしっかり対応できる体制を整えています。

翻訳は分野に合わせてその道のプロフェッショナルが対応しているので、品質の高さもお墨付き。

これまで官公庁や大手企業取引先など8,000社以上の取引実績を誇っており、信頼性も高い会社と言えます。

>>グローヴァ

ケースクエア

高品質&スピーディでありながら、コストパフォーマンスにも優れている人気の翻訳会社です。

特に翻訳スピードには定評があり、最短で依頼から1時間、長くても半日程度で対応してくれる迅速さが大きな魅力です。

気になるコストは英語の翻訳単価が1文字10円~と非常にリーズナブル。初回のお試し割引やボリューム割引など各種割引制度も充実しているので、コストをしっかり抑えたい人にもおすすめです。

>>ケースクエア

サンフレア

1971年創業と翻訳業界の中でも長い歴史を誇る老舗会社です。

長年培ってきた取引実績は幅広いジャンルに渡っており、日系平均採用銘柄に選ばれている企業のうち、65%との取引実績を保有。

英語やフランス語、ドイツ語、韓国語、中国語などの定番言語のほか、ウズベク語やカザフ語、キルギス語など多種多様な言語の翻訳に対応しているのも多方面から依頼が来る理由のひとつになっているようです。

>>サンフレア

ジェスコーポレーション

1964年創業の横浜に拠点をもつ翻訳会社です。

技術翻訳業務がメインで、分野ごとに細かく翻訳者を選別するという独自のスタイルを展開。依頼内容と翻訳者のミスキャストを防ぎ、常にクオリティの高い成果を出してくれます。

情報漏洩の防止策もしっかり取り入れているので、機密文書の翻訳依頼も安心した任せられるところが特徴です。

無料のトライアルや文字単価制の導入など価格体系も明朗なのではじめて翻訳サービスを利用する人にも適した会社と言えるでしょう。

>>ジェスコーポレーション

トランスワード

国内外の自動車メーカーや電機メーカー、機械メーカーなどに対して技術文書の翻訳などをメインに行っている会社です。

請け負った案件は原則としてすべて自社内の翻訳者が担当するという独自のルールを導入しているほか、翻訳者の育成も自ら担っているという他社にはない個性を発揮。

翻訳の品質やスタイルを維持できるのはもちろん、納期管理やノウハウの共有が容易なので、より円滑に業務を進行させることが可能となっています。

>>トランスワード

ユレイタス

「品質を最重視すること」をモットーに、翻訳のエキスパートたちがクオリティの高い翻訳サービスを提供しています。

翻訳を担当しているのは修士や博士号取得者など、翻訳歴平均10年の経歴をもつプロフェッショナルばかり。現場のことをよく知る人間が翻訳に携わってくれるという安心感も人気の秘密となっています。

翻訳者は世界各地に点在しているため、ほぼ24時間体制で翻訳に対応してくれるところも大きなメリットと言えるでしょう。

>>ユレイタス

ACN

東京・赤坂に拠点をもつ翻訳会社です。論文翻訳や技術翻訳に特化しているため、国内の国公立、私立の大学関係者から多くの依頼を寄せられています。

他にも学会のプレゼン資料や学校案内、Webサイトのローカライズなどさまざまな分野の依頼を請け負っているため、いろいろなシーンでのサポートを期待できるでしょう。

無料の翻訳トライアルを提供しているところもうれしいポイントです。

>>ACN

JOHO

特許翻訳サービスに特化している翻訳会社です。

アメリカやイギリスの特許出願をもとにした国内出願向けの翻訳のみならず、世界各国への提出も可能な国際特許出願(PCT)ベースの翻訳業務も依頼OK。

依頼する時にどの国向けなのか伝えれば、現地の人が読みやすいよう工夫してくれるなど、きめ細かいサービスも行っています。

音声や動画翻訳も受けつけているので、いろいろな記録媒体の翻訳を依頼したい人にぴったりです。

>>JOHO

NAIway

品質管理とクオリティに定評のある翻訳会社です。

価格相場はやや高めですが、そのぶん翻訳内容の質やサポート対応のレベルが高く、新規顧客はもちろん、リピーターも多く抱えています。

急ぎの翻訳であれば最短2時間以内で見積もり対応も可能ですし、首都圏なら営業スタッフが直接出向いてくれるので、顧客に対するサービスの充実度はかなり高いと言えます。

>>NAIway

翻訳センター

JASDAQ情報を果たしている国内最大級の規模を誇る翻訳会社です。

翻訳者の数も多く、なんと約4,400名もの翻訳者が登録。その中から依頼内容に合わせて最適な翻訳者がピックアップされる仕組みになっているので、どんな分野の依頼にも適切かつスピーディに対応できます。

日本人翻訳者とネイティブ翻訳者によるダブルチェックが行われるところも高品質な翻訳文書を生み出せる理由のひとつになっています。

>>翻訳センター

ページの先頭へ