【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング
決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

ロシア語を取り扱う翻訳会社

ロシア

ロシア語は言語の中でも習得するのが難しいと言われています。その理由やロシア語の仕組みについてチェックしていきましょう。

ロシア語は世界的にも重要性の高い言語

覚えるのが難しいロシア語ですが、その需要はかなり高いと言えます。

ロシアの首都モスクワはヨーロッパ最大の大都市とも言われていますし、人口も首都圏の中では第一位です。ロシアはそもそも国としての面積も広く人口も多いので、ビジネス、観光など様々な面でロシア語が役立つときがあるでしょう。

ロシアには85にも及ぶ連邦構成主体があり、その多くでロシア語が使用されています。ロシア語を学ぶだけであなた自身の可能性が広がり、多くの地域の人と交流を図ることができるようになりますよ。

ロシア語で使用される文字はキリル文字

ロシア語ではキリル文字という独特の文字が使用されます。これは33文字あり、母音は日本と同じく5つですが子音が多いのが特徴です。

キリル文字はロシア語の発音のために作られた文字ですので、覚えればある程度ロシア語を読み書きすることは可能です。

この点で言えば、独特のつづりと発音の違いがある英語よりは覚えやすいと言えるかもしれませんね。

しかしアクセントの位置を間違えると意味が変わってしまう言葉も多く、発音するときはかなり慎重になる必要があります。巻き舌、空気を出すような発音など日本人には馴染みのない口の使い方をする発音方法もあります。

格変化が独特で難しい!

ロシア語が難しいと言われる理由は、特徴的なキリル文字だけでなくその格変化にもあります。

動詞には一人称、二人称、三人称、単数、複数とそれぞれに変化があります。名詞に関しても主格、生格、与格、対格、造格、前置格と6通りに変化します。

さらに名詞は男性名詞と女性名詞、中性名詞があり、これらで50通り以上もの格変化を習得する必要があります

馴染みのないこれらの名詞を1から覚えるのはかなり難しいと言えるでしょう。この格変化には法則がないものも多く、一つ一つ覚えていく必要があります。

ロシア語翻訳を取り扱う翻訳会社

ロシア語は将来性があり非常に重要な言語ですが、取り扱う翻訳会社はまだ少なく、依頼先を探すのが大変かもしれません。

ロシア語と取り扱っている翻訳会社の中でも人気なのがグローヴァ、クリムゾンインタラクティブ・ジャパン、JOHO、翻訳センターなどなど。

翻訳会社によって医療系が得意、金融系が得意、フォーマルな文章が得意といった差がありますので、依頼したい書類や文章の内容がどのようなものなのか、どんな人に読んでほしいものなのかをよく考えてから依頼をするようにしましょう。

「頼れる」翻訳会社はどこ?翻訳会社TOP5ランキング 詳しくはこちら
実績
料金
スピード
口コミ
学術論文
各種証明書(公的文書)
特許・契約書
ビジネス文書
その他(マニュアルなど)
国内のマンガ・ゲーム・イベントの翻訳
技術
医療
法律
金融
歯科
土木・建築翻訳
英語
中国語・韓国語
北欧5カ国語に対応する翻訳会社
ニーズが高まる翻訳・アラビア語
フランス語対策における翻訳会社の探し方
ドイツ語
スペイン語
ロシア語を取り扱う翻訳会社
ポルトガル語を取り扱う翻訳会社
イタリア語を取り扱う翻訳会社
トルコ語を取り扱う翻訳会社
ラテン語を取り扱う翻訳会社
ギリシャ語を取り扱う翻訳会社
ポーランド語を取り扱う翻訳会社
チェコ語を取り扱う翻訳会社
翻訳業者を決めるポイント
依頼の流れ
アイコス
アットグローバル
インターブックス
エディテージ
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
グローヴァ
ケースクエア
サンフレア
ジェスコーポレーション
トランスワード
ロゼッタ
ユレイタス
ACN
JOHO
NAIway
翻訳センター
スピード翻訳 by GMO
ページの先頭へ