【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング
決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

ポーランド語を取り扱う翻訳会社

ポーランド語は、西スラヴ語群に属する言語で、ポーランドでは公用語として用いられています。

ラテン語やフランス語の名残は見られる他、チェコ語やスロバキア語に近いところはあるものの、「ポーランド語特有とも言えるルールが存在する」「名詞の分類が5種類もある上に7つの格変化も存在する」「形容詞にも6つの格変化がある」「動詞の変化が最高で54通りもある」など、非常に難解な言語として知られています。

また、一つの音を2文字で表すこともあるという性質から綴りが長くなりがちで、付属記号も多く、日本語にはない発音もたくさんあり、書くだけでなく、読むのにも大変な労力を要します。

もしポーランド語の翻訳が必要になるのであれば、生半可な知識や機械翻訳では中途半端なものにしかならず、余計なトラブルを招きかねません。そうした事態を防ぐためにも、専門の業者を頼るようにしましょう。

ポーランド語対応翻訳会社

日本には、ポーランド語の翻訳に強みを持つ会社がいくつかあります。何かあれば、ここで紹介する会社に相談してみてください。

1.クリムゾン・インタラクティブ・ジャパン

  • 特徴

日本語・ポーランド語間の翻訳だけでなく、英語や他言語への翻訳にも対応している会社です。また、一般文書だけでなく、各専門分野での翻訳実績も豊富にあるので、ポーランド進出を考えている企業などのニーズには確実に答えてくれる会社と言えるでしょう。ネイティブのスタッフがチェックを行うので、自然な訳文に仕上がります。

  • 専門分野

技術・法務・経済・金融・医療・ITなど

  • 料金

日本語からポーランド語 32円~(日本語1字につき) ポーランド語から日本語 40円~(ポーランド語1ワードにつき) ※最低料金:25,000円

2.ジェスコーポレーション

  • 特徴

幅広い分野の技術文書や法律文書、専門文書のポーランド語翻訳が対応可能です。日本語からポーランド語、ポーランド語から日本語はもちろんのこと、その他の言語への翻訳なども依頼ができます。公式サイトにはポーランド語の文字サンプルが置いてあるので、それを参考に翻訳を依頼するかどうか決めても良いかもしれません。サンプルでも、話者が男性の場合と女性の場合で表現が別れているので、独自のルールが多いポーランド語を丁寧に翻訳してくれるでしょう。

  • 専門分野

契約書面、協議書面、ビジネス文書、技術関連文書、督促・訴訟関連文書など

  • 料金

要相談 ※最低料金10,000円(個人は20,000円)

3.スプリングヒル

  • 特徴

スプリングヒルは「スピード翻訳」に特徴があります。1,000文字(500単語)程度であれば翌日納品、25,000文字(12,500単語)という長い文章でも、7日間程度で納品をしてくれます(※専門性によって納期の変動あり)。また、激安の料金設定をしている他、初回は10%の割引を受けられるというのも魅力です。価格はギリギリまで落としたい、けれどプロに翻訳してほしい、というニーズに応えてくれるでしょう。法人であれば、初回のみ10%割引で翻訳してくれるので、ビジネスメールや専門分野の翻訳をお任せしてみるのも良いかもしれません。

  • 専門分野

ポーランド語の実績表記なし

  • 料金

日本語からポーランド語 14円~(日本語1字につき) ポーランド語から日本語 18円~(ポーランド語1単語につき) ※最低料金:5,000円〜

ページの先頭へ