【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング
決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

ニーズが高まる翻訳・アラビア語

27ヵ国で公用語とされているアラビア語

アラビア文字

アラビア語をパッと見ると、とても難しそうで戸惑う人が多く、日本ではまだ馴染みの薄い言語です。

アラビア圏とは、言語だけではなく文化や生活も大きく違うので、縁が遠く感じることもあります。

そんなアラビア語ですが、ビジネスの世界では注目を集めている言語です。ここでは、アラビア語の特徴などをご紹介します。

アラビア語の特徴

アラビア語は世界で3番目に多くの国と地域で使用されている言語です。イスラム教の言語であり、最も国際的な言語の1つとされています。

アラビア文字と言えば、あのクネクネした形が特徴的です。

さらに書くときは右から左に書く上に、文章がどこで切れているのか判断できないような書体なので、文章の区切りがどこなのか判断が難しいです。日本人には書くのも難しくなります。

しかし、アラビア文字は28字しかないので、ひらがな・カタカナ・漢字がある日本語と比べると以外に簡単なのかもしれません。

さらに、アラビア語には「フスハー」と「アーンミーヤ」があります。フスハーはニュース番組や新聞などの公式の場で使用され、アーンミーヤは通常の会話に使われます。このアーンミーヤがさらに、いくつもの方言に分かれます。

フスハーを理解できるとアーンミーヤも理解できる、というものではないので同じアラビア圏でも、アーンミーヤは外国語のようなものです。

アラビア語ネイティブスピーカー人口

アラビア語を母国語として話す人の数は、約2億3500万人と大変多く、国連の公用語の一つとされています。

英語に次ぐ主要の国際語なので、中東(西アジア)から北アフリカ、東南ヨーロッパ、東南アジアなどで、広範囲で使用されている言語です。

アラビア語には地域によっては、アーンミーヤと呼ばれる方言があり、湾岸方言、ヒジャーズ方言、イラク方言、シリア方言、パレスチナ方言、エジプト方言があります。そのため、生活や文化に精進した翻訳が必要になります。

日本ではまだマイノリティーな言語

アラビア語と聞くと、とても難しい言葉というイメージがありませんか?その見た目の難解さゆえに敬遠されがちです。こういった先入観から、アラビア語を学ぼうとしない人が多いです。

さらに、日本がアラビア圏の人と交流をするのも、現時点ではまだ多くないので、アラビア語を学ぶ理由が特にないのも理由の1つです。

近い将来アラビア語需要が伸びる

ビジネスをグローバル展開させるために、多言語翻訳の需要が日々高まっています。

英語、中国語に加えて、中近東諸国とのコミュニケーションではアラビア語が必要になります。そんな中で、アラビア語の習得は他の企業と差別化を図る、重要項目になります。

アラビア語は、特殊な文字や文法なので、翻訳や習得が大変難しい言語と言われています。

地域によっては方言があり、地域性や宗教も関わってくるので、正確に翻訳をすることが大切です。翻訳の正確さが、ビジネスを成功させることに繋がります。

日本国内で期待される「ハラールマーケット」

2020年の東京オリンピックが決まってからというもの、円安の相乗効果もあり多くの外国人観光客が日本に訪れるようになりました。

中国人観光客による「爆買い」が社会現象になったように、外国人観光客が日本経済に与える影響はとても大きいものとなっています。

そんな中、イスラム圏からの外国人観光客をターゲットとした、ビジネスマーケットが話題です。

アラビア語が、ビジネスツールとして日本国内で使用されるのも遠い未来の話ではないのです。

" イスラム圏は人口増加や経済成長に伴い、2030年には1,000兆円規模の巨大市場になると予想されている。それは「ハラールマーケット」と呼ばれている。日本にやって来たイスラム教徒をおもてなしするのはもちろんのこと、イスラム圏の巨大市場でビジネスチャンスを得るためにも、これからの日本にとって「ハラール対応」はことのほか重要になってくる。"[注1]

[注1]引用:ダイヤモンド・オンライン2015年7月31日(最終閲覧日:2017年9月22日) :イスラム圏からの観光客殺到で急拡大する「ハラールマーケット」事情

アラビア語の法律文書を翻訳するときの3つのポイント

アラビア語の法律文書を翻訳する場合、以下3つのポイントに気をつけましょう。

「現地」の商慣習や商法に詳しい業者を選ぶこと

ひとくちに「アラビア語」「イスラム圏」といっても、その内実はさまざまです。イスラム教からして、保守派と過激派など教義の違いによる対立や分裂がありますし、イスラム圏の国でも保守派と改革派で国内の商法やビジネスに対する対処が変わってきます。

例えば、経済成長を軸に強権的な政治を推し進めてきたエルドアン大統領率いるトルコは、比較的西洋の文化圏とも親しみのある国ですが、保守的な政策を導入するケースも少なくありません。

一方、保守的な国の筆頭とも言われるサウジアラビアでは、長らく慣習的に禁じられていた女性の運転が解禁されました。保守的なトップがいるトルコと革新的なトップのいるサウジアラビア、それぞれの国で同じように文書を翻訳してもらってビジネスをしても、うまくはいかないのです。

アラビア語は方言も多く、イスラム独自の商慣習などもあるため、「自分たちが取引をしたい国」を特定した上で、現地の言語や商法に詳しい業者を選ぶ必要があります。

日本と現地なギャップを理解している業者が在籍していること

特に気をつけたいのが、日本とイスラム圏における商慣習のギャップ。例えば、イスラム圏では非常に合理的な取引をよしとしています。

一方、日本では契約時に書類を交わさずに済ませたり、「暗黙の了解」的なやり取りで終わらせてしまったりするケースも多いです

法律文書は比較的固い表現の多い文書ですが、根底にある商慣習そのものが違うため、「これで相手に伝わるだろう」という文書をアラビア語に翻訳してもらっても、うまく伝わらない可能性があります。

同様に、現地の法律文書を直訳するだけの業者を利用した場合、細かいニュアンスはわかりません。

文化的、慣習的なギャップを埋めることができるのは、実際に現地で数年過ごしたことのある人材や、現地生まれで日本に住んでいる翻訳者などを確保している業者です。

法律文書の翻訳を依頼する際は、どういったレベルの人材が翻訳作業を担当してくれるのか確認しましょう。

現地の情報をいち早く入手している業者を選ぶこと

イスラム圏の国々は、政治的、経済的にまだ不安定な部分が大きいため、大胆な法改正が行われる可能性があります。

ハラールマーケットやイスラム圏のマーケットに介入するなら、現地の法律や政府からの公布を守るのが大前提。現地で変化が起きた際、いち早く情報を手に入れて対応してくれる業者を選びましょう。

これさえ踏まえれば翻訳業者探しを失敗しない!

アラビア語の翻訳を業者に依頼するには、いくつもの業者から選ばなければいけません。ここでは、業者選びのポイントや金額の相場をご紹介するので、参考にしてください。

アラビア語翻訳の料金相場

言語 一般・文字数 専門的文章 契約書・証明書・特許・医療
日本語→アラビア語 5,000円 5,500円 7,000円
アラビア語→日本語
その他言語→アラビア語 6,000円 6,500円 8,000円

見積もりは、業者によっては無料なので確認をするようにしましょう。また、内容の難易度・言語、納期を早めたい場合は別途料金が発生する場合があります。

業者探しは品質だけを追い求めない

アラビア語は、広い地域で使われる言語の為、アラビア語を使う目的によって業者選びの基準も変わってきます。

ただ単にアラビア語を翻訳するのではなく、言葉や文化の違いから感じる不安を解消し、人間関係やビジネスを安心して進めることができる、そんなポリシーを持った業者を選ぶようにしましょう。

おすすめの翻訳会社ランキングはこちら

ページの先頭へ