【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

ドイツ語

ドイツ語の需要と重要性、翻訳会社の探し方を紹介します。

世界的に優位性の高い言語。ドイツ語

ドイツ語の特徴に迫る

ドイツ語の特徴として、以下のものがあります。

  • 公用語としている国が少ない
  • しかし母語話者数が1億3,000万人と多い

ドイツ語を公用語として使用している国は、6カ国と少ないです。

しかし、母語話者数が1億3,000万人と、EU圏内では最も多く使われており、話者人口は英語に次いで2番目です。

そんなドイツ語の特徴を、もう少し深く掘り下げてみましょう。

成り立ち

ドイツ語の成り立ちについて簡単に説明しましょう。

ドイツ語は、「ゲルマン語」と呼ばれる言語が元になったといわれています。

4世紀のゲルマン民族大移動や東フランク王国等によって形を変え、現在のドイツ語圏を構成する部族の、コミュニティが生まれました。

そこから子音推移(音韻の変化)の影響を受けた、高地ドイツ語と低地ドイツ語が生まれ、17世紀にはようやく現在のドイツ語が形をなし始めます。

現在のドイツ語が誕生したのが、1522年です。

この時期に生まれた活版印刷の誕生によって、高地ドイツ語と低地ドイツ語それぞれを取り入れ、現在の言語になりました。

ドイツ語の特徴

ドイツ語はもとを正せば英語と同じくゲルマン語なので、英語を把握していると覚えやすいというのが特徴です。

また、基本的にローマ字読みであり、発音もしやすいとされていますが、アーウムラウトやオーウムラウトなど英語には存在しない文字もあります。

ドイツ語の使用地域

ドイツ語を公用語にしている国は

  1. ドイツ
  2. オーストリア
  3. ルクセンブルク
  4. リヒテンシュタイン
  5. スイス
  6. ベルギー

の6カ国となっていますが、ベルギーにおけるドイツ語人口は1%以下であり、ほぼ使われていません。

また、公用語としては使われていませんが、ブラジルやカメルーン、チェコやハンガリーなど、世界各国でドイツ語のコミュニティは存在が確認されています。

重要性

公用語として使っている国は少ないですが、前述したようにEU圏内では最も使用者数が多くので重要性は高い言語といえます。

しかし、ドイツは世界有数の経済大国であり、輸出国家でもあります。

そのため、ドイツ語に詳しい翻訳会社を見つけることで、EU圏内でのビジネスチャンスをつかみやすくなるのです。

ドイツ語への理解を深めることは、ビジネスにおいても重要になると考えても過言ではありません。

こぼれ話:日本との関係性

ドイツと日本の関係性は深く、明治以降は幅広い分野でその影響を垣間見ることができます。その一例を見てみましょう。

  • 大日本帝国憲法(ドイツ憲法の精神に基づいて制定)
  • 高等教育(ドイツの教育制度を参考)
  • 医術(ドイツ留学)

他にも、ゲーテやカント、マルクスなどの著作は学問や芸術に大きな影響を与えました。

現在も日本とドイツ間による関係性は深く、自動車をはじめとした輸入品を販売している企業は少なくありません。

翻訳会社を探す

技術系産業のニーズが高い

ドイツ語は通訳よりも翻訳のほうがニーズは高く、市場価値が高い傾向にあります。

ドイツの特徴といえば、何といっても技術系産業の質の高さでしょう。特に車や医療機器に関して世界的に有名な企業が多く、日本でも聞いたことのあるようなブランドやメーカーが多いです。

そこで問題になるのが、商品のマニュアルです。

ドイツ製品なので当然マニュアルはドイツ語で記載されており、使用するためには翻訳する必要があります。

その際は文法の知識だけではなく、医療や重工業などの専門知識を有していないと正確な翻訳は難しくなるのです。

経済大国のドイツだからこそ翻訳のニーズは高くなり、和訳サービスに対応している翻訳会社が増えているのです。

技術系の言語に明るい業者を探し当てる

ドイツ語から日本語への翻訳の料金相場は、一般的な文章なら文字単価は約20円程度。

しかし、医療や機械、法律などの専門的な分野の翻訳の場合、文字単価は25円前後が相場です。英語の場合、文字単価が10~20円なので、ドイツ語のほうが若干割高であることが分かります。

単価が割高なドイツ語は価格を先行して選びがちですが、重要なのは値段より翻訳会社が正しい知識を有しているかどうかです。

前述したように、医術や機械系の産業の翻訳は、専門の知識も有していなければ書けないことが多く、ただの文章翻訳では意味が読み取れないケースも考えられます。

そのため、翻訳会社が有している専門性については、把握した上で比較検討する必要があります。

ページの先頭へ