【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

北欧5カ国語に対応する翻訳会社

スウェーデン語

スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランドといった北欧5カ国はビジネス面などにおいて今後重要になりえる国です。北欧5カ国で使用される言語への理解を深めていきましょう。

スウェーデン語

スウェーデンは北欧の中心であり、ビジネスの取引先としてはかなり大きな国と言えます。そんなスウェーデンで利用されているスウェーデン語は発音に音階があり、歌うように発音するのが特徴的。

独特のつづりだけでなくこのような発音も勉強する必要があります。北欧で使用される言語は英語に似ていると言われることもありますが、少し見ただけでもかなり英語とは違うことが分かるでしょう。

フィンランド語

スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランドで使用される言語は非常に似ていますが、フィンランド語はその中でも特徴的です。

ヨーロッパ語族ではなくウラル語族に属するフィンランド語は日本人からすると読み書きしやすく、発音も比較的簡単です。しかし文法は日本語や英語とは全く違うため、少しかじった程度で翻訳できる言語ではありません。

ノルウェー語

ノルウェーで一般的に利用されているのがノルウェー語です。デンマーク語やスウェーデン語に似ているため、どれか一つを覚えることができれば習得はスムーズかもしれません。

スウェーデン語と同じく歌うように発音するリズムが特徴で、母音が日本の5つと比べると9つあり覚えるのが大変かもしれません。

自治体が430もありそれぞれで訛り、方言があるため、実際に利用するためにはかなりの練習、勉強が必要となるでしょう。

デンマーク語

デンマーク語はつづりと発音の関係性がないものが多く、文章を読むだけ、発音を学ぶだけでは習得しにくいのが特徴です。

発音には独特の音階やリズムがありますが、もごもごとこもった発音をする単語が多いので最初はかなり戸惑うでしょう。

しかし文法は比較的優しく、英文法とよく似ています。複雑な名詞の使い方さえ覚えれば、ある程度の文章を読み解くことは可能かもしれません。

アイスランド語

アイスランド語は北欧5言語の中でも難しい言語と言われています。アイスランド語のアルファベットは32文字ありCとQとWとZがなく、母音が14、子音が18種類あります。

この法則を覚えるのがまず大変ですが、発音は見たままのものが多いです。しかし独特の発音をするつづりもあり、日本人だけでなく近隣の北欧に住む人たちですら諦めることもあるのだそう。

外来語を取り入れずアイスランド語として新たに言語を作り出すという特徴もあり、日々勉強が必要な言語と言えるでしょう。

北欧5カ国語(スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランド)翻訳でオススメな翻訳会社

アイコス/クリムゾンインタラクティブ・ジャパン/グローヴァ/サンフレア/ジェスコーポレーション/トランスワード(仏・独・西)/JOHO/NAIway/翻訳センター


ページの先頭へ