【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

英語

英語翻訳会社を選ぶ際に注目すべき点や翻訳の相場を紹介していきます。

英語翻訳で確認しておくべきポイント

国際基準となっている英語は、グローバル化が進んだビジネスの世界ではな当たり前のように使用される言語と言えます。
私たちのような英語非ネイティブの人間からすれば、ひとくくりに英語と捉えますが、日本語と同じように英語にも国によって、異なる言い回しが存在します。代表的なのはアメリカ英語とイギリス英語の違いです。イギリス英語はクイーンズイングリッシュと呼ばれるように、同じ英語でもアメリカで使用される英語とは別物と捉える人もいます。他にもオーストラリアやシンガポールなど、英語といってもバラバラです。

そこで、確認しておきたいポイントは翻訳を依頼する文書をどの国の人が読むのかを把握すること。
その国の出身者である翻訳者に依頼することで、その国特有の言い回しに対応することができます。

他にも翻訳料金や対応の丁寧さと実績を確認しておく必要があります。
英語翻訳会社は日本だけではなく世界中に存在しています。海外の業者や機械を利用すれば、非常に安い値段で翻訳をすることが可能です。しかし、私たち非ネイティブの人間からすれば、その英語文書のクオリティが、どれだけ高いものなのか知る術はありませんし、その翻訳文書がこちらが意図したものに仕上がっているか確認をすることができません。クオリティチェックは二度手間になりますが、セカンドオピニオンのように他の翻訳者に見てもらうしかなく本末転倒です。

だからこそ、料金や対応の丁寧さに加え、今までの翻訳実績を見る必要があります。より正確性を求められる公的な文書の翻訳実績があるのかや、今までのビジネス文書の経験などを翻訳前に把握しておくことが重要な点と言えるでしょう。

では、英語翻訳の相場をチェックしてみましょう。

英語翻訳の相場

日本語→英語翻訳 約10円~15円

英語→日本語翻訳 約8円~26円

そのほかに医療翻訳や技術翻訳とあり、分野によっても値段が変わってきます。分野ごとの相場は分野の各ページにて確認してみてください。

オススメな英語翻訳会社はこちら

ケースクエア
英語翻訳を専門としている。対応言語を英語だけに絞っているために翻訳の専門性が高く、クオリティが高いことで評判のある翻訳会社。得意な分野は幅広く、実績も豊富。内閣府や国土交通省などの公的機関、東京大学などの有名大学、流通からメディア系の大手企業など、多くの取引をしている。

アイコス
主に実績のある分野は金融やビジネスで、技術翻訳の品質も期待が出来る業者。翻訳サービスだけでなく、フィリピンをはじめとしたアジア圏進出のためのサポートや、動画を多言語する「動画ローカライズ」というサービスも行っている。

NAIway
翻訳分野はレストランメニューやメールなどの一般翻訳から、書籍などと手広く対応できる翻訳会社。英語以外で対応している言語は、アジア地域、ヨーロッパ言語、北アメリカ地域、中南米地域と幅広い。

No.1の翻訳会社を決定! 翻訳業者ランキングはこちら

ページの先頭へ