【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

医療

医療翻訳を依頼するにあたって確認しておきたいポイントをまとめています。

医療翻訳を依頼するための会社選びのポイント

医療文書は、技術文書などと同様に高い専門性が求めれらます。
だからこそ、失敗しないよう発注の前に医療文書の実績が豊富か、正確性が担保できる専門性をもった翻訳者が担当するかを確認してから発注をしなければなりません。

医療に関する文書で代表的なものを以下にまとめました。 

医学論文/医学書/学会発表用資料や原稿 / ジャーナル投稿記事/研究開発や治験のドキュメント/承認申請書類/医療機器のマニュアル/薬事ガイドライン/医療カルテ/ほか

これらの医療文書で、例えば、病名を記載することがあります。
日本語の場合は病名独特の長い名称で表わされることがありますが、英語の場合は頭文字や略語で記載されます。英語でAIDSやSARSと一般的に呼ばれている名称も、日本語では全然違う病名がついています。

同じことが薬学でも言えます。薬に含まれている成分はもちろんのこと、申請書類の書き方など、知識や経験が必要になってきます。

英語と日本語で作法が違うように、何がどれに対応しているか、きちんと理解している翻訳者でなければ対応ができません。

取引実績は要確認

医療翻訳を行う会社を選ぶ場合、指標となるのが取引の実績です。医療翻訳も請け負っている会社の中には、原稿をほとんど直訳するだけの会社や、翻訳文のチェックがいい加減な会社も存在します。評判の悪い会社であれば取引実績も少ないため、ホームページなどでもほんの数例の実績しか紹介していません。

高いクオリティを持つ翻訳会社であれば、たくさんの医療関係者から依頼を受けているため、多くの取引実績を有しています。また、実績のある会社ならば、翻訳者の知識や技術も卓越したものとなるため、どのような医療分野の翻訳もしっかりと行ってくれるでしょう。

依頼する際の注意点

プロの翻訳者であっても、専門性が高い医療用語は解釈が難しいもので、依頼者が思っている以上に医療用語とは相手に伝わりにくいと念頭に置くべきです。

そのため、会社が決まって依頼する際には、文書や画像などの資料を多く用意しておきましょう
チェックしてほしいところはマーキングをするなど、翻訳者にとってチェックしやすく資料を用意することで、納品の品質がグッと上がります

チェック体制の種類を理解する

スタンダードタイプ

翻訳者が翻訳作業とチェックを全て単独で行うタイプです。規模の小さい翻訳会社や、依頼する料金の安い翻訳会社がこうしたチェック体制を採用しています。

【メリット】

チェック費用が格安
チェック短期間で仕上げてくれる

【デメリット】

チェック単独で行っているのでチェックのミスが多い
チェック担当する翻訳者によってクオリティに差が生まれる

【こんな人にオススメ】

チェック少しでも安く翻訳をしてほしい
チェック今すぐにでも翻訳した文がほしい

高品質タイプ

スタンダードタイプとは逆に、翻訳する文のクオリティを重視したタイプです。

翻訳作業後に専門家のチェックやネイティブチェック(外国語が母国語である人が文法を調べる)が入り、文章や文法の校閲・校正を行います。校正内容から翻訳者が改めて修正し、納品するという流れになります。

文章の校閲を行う専門のスタッフが在籍しているので人件費が掛かり、依頼する費用は高くなりますが、その分仕上がった内容は非常に優れたものとなります。

【メリット】

チェック高品質な訳文が得られる
チェック公式文書の作成や論文の翻訳など、幅広く依頼を請け負ってくれる

【デメリット】

チェック費用が高額になる
チェック仕上がるまで長い期間が必要

【こんな人にオススメ】

チェック重要なクライアントへ提出する書類を翻訳してほしい
チェックとにかく正確な翻訳をしてほしい

バランスタイプ

バランスタイプは、前述したスタンダードタイプと高品質タイプのちょうど中間に属するタイプです。

スタンダードタイプとは異なり校閲を行うスタッフが在籍していますが、高品質タイプのように専門家やネイティブの人を雇っていないため、高品質タイプよりも値段が安く納期も短いのです。

費用を抑えつつ、ある程度のクオリティも得たいという人にオススメできるタイプです。

【メリット】

チェックコストパフォーマンスが優れている

【デメリット】

チェック一番安い・一番高品質な翻訳をしてほしいという人には向いていない

【こんな人にオススメ】

チェックどの翻訳会社に依頼するべきかわからない
チェッククオリティが高く、なおかつ安さもほしい

高ければ高品質とは限らない

上記で触れた内容を読めば、多くの人は高ければ高いほどより優れた翻訳をしてくれると考えるでしょう。しかし、翻訳の依頼は必ずしも高額な費用さえ支払えばよいとは限りません。文章の翻訳では、依頼者側と翻訳会社側で必要となるクオリティのミスマッチが起こることがあるからです。

例えば、外国観光客向けの案内板の作成を依頼する場合、依頼者側は簡潔でわかりやすい翻訳文を求めますが、高額な翻訳を行う会社ではサービスの一環として、わかりづらい仰々しい内容での翻訳を行ってしまうことがあるのです。

また、最近ではネイティブチェックを採用していることを宣伝している翻訳会社が多くありますが、ネイティブチェックを採用しているからといって高品質な翻訳がなされるとは限りません。ネイティブチェックはあくまで文法などの基本的な部分のみをチェックすることが多いため、翻訳された原文がそもそもひどい状態の場合、ネイティブチェックが行われたとしてもクオリティは低くなってしまうのです。

翻訳を依頼する場合、その会社のサービス内容や利用者の評価をしっかりと調べる必要があります。きちんと依頼者側のニーズを把握して仕事をしてくれるか、サービス内容やチェック体制などが本当にしっかりとしたものか、調べた上で信頼できる会社を選びましょう。

専門性の高い医療翻訳だからこそトライアル翻訳から依頼する

トライアル翻訳とは、翻訳してもらいたい原稿の一部を無料で翻訳してくれるサービスです。内容の一部を翻訳してもらうことで、翻訳のクオリティを依頼者がしっかりと確認できます。

多くの翻訳会社はホームページなどでサンプルの翻訳文を掲載していますが、サンプルの文を見ても懸念を抱く人は多いでしょう。サンプルの文章と依頼する原稿は内容の方向性や使用する語句も異なるため、サンプル内容のような見事な翻訳をしてくれるとは限りません。また、掲載されている翻訳文自体もその会社が本当に訳したものなのか疑わしいものです。

トライアル翻訳は、そういった懸念を解消するために利用できるサービスです。特に医療翻訳のような専門性の高い翻訳では、翻訳する側にも高い医療知識が求められます。内容をしっかり理解し、適切に翻訳してくれている会社か、トライアル翻訳を依頼することで見極めることができるでしょう。

医療翻訳の料金相場

医療翻訳は日本語から英語への翻訳で1ワード約10円~22円が相場となっております。医療文書を読む対象者は、ほぼ、同業者が多いです。料金に加えてスピーディに対応してくれる翻訳会社に発注するようにしていきたいところです。

医療翻訳でオススメな翻訳会社

エディテージ/ケースクエア/サンフレア/ユレイタス/JOHO/NAIWay/翻訳センター

医療翻訳で頼りになる翻訳会社はどこ? ランキングはこちら

ページの先頭へ