【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

医療

医療翻訳を依頼するにあたって確認しておきたいポイントをまとめています。

医療翻訳を依頼するための会社選びのポイント

医療文書は、技術文書などと同様に高い専門性が求めれらます。
だからこそ、失敗しないよう発注の前に医療文書の実績が豊富か、正確性が担保できる専門性をもった翻訳者が担当するかを確認してから発注をしなければなりません。

医療に関する文書で代表的なものを以下にまとめました。 

医学論文/医学書/学会発表用資料や原稿 / ジャーナル投稿記事/研究開発や治験のドキュメント/承認申請書類/医療機器のマニュアル/薬事ガイドライン/医療カルテ/ほか

これらの医療文書で、例えば、病名を記載することがあります。
日本語の場合は病名独特の長い名称で表わされることがありますが、英語の場合は頭文字や略語で記載されます。英語でAIDSやSARSと一般的に呼ばれている名称も、日本語では全然違う病名がついています。

同じことが薬学でも言えます。薬に含まれている成分はもちろんのこと、申請書類の書き方など、知識や経験が必要になってきます。

英語と日本語で作法が違うように、何がどれに対応しているか、きちんと理解している翻訳者でなければ対応ができません。

依頼する際の注意点

プロの翻訳者であっても、専門性が高い医療用語は解釈が難しいもので、依頼者が思っている以上に医療用語とは相手に伝わりにくいと念頭に置くべきです。

そのため、会社が決まって依頼する際には、文書や画像などの資料を多く用意しておきましょう
チェックしてほしいところはマーキングをするなど、翻訳者にとってチェックしやすく資料を用意することで、納品の品質がグッと上がります

医療翻訳の料金相場

医療翻訳は日本語から英語への翻訳で1ワード約10円~22円が相場となっております。医療文書を読む対象者は、ほぼ、同業者が多いです。料金に加えてスピーディに対応してくれる翻訳会社に発注するようにしていきたいところです。

医療翻訳でオススメな翻訳会社

エディテージ/ケースクエア/サンフレア/ユレイタス/JOHO/NAIWay/翻訳センター

医療翻訳で頼りになる翻訳会社はどこ? ランキングはこちら

ページの先頭へ