【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

法律

法律翻訳を依頼するにあたっての知っておきたいポイントをまとめています。

法律翻訳を依頼する際の注意点

契約書や裁判資料、各種証明書など、法律に関する文書や資料などは、他の分野と同じように間違った文書を作るわけにはいきません。グローバル化が進んだ今となっては、ビジネスの現場では、海外取引も日常茶飯事のため、契約書の翻訳がますます必要になってきます。

また、契約書以外にも、特許や商標などの知的財産権に関することや、行政や公的機関に提出する各種申請書など法律や制度に関連する文書もあり、外国の法律を知らなければ、文書を用意することができません。

具体的に、法律に関する文書は以下のような物が該当します。

技術提携契約書/製品供給契約書/メンテナンス契約書/業務委託契約書/ライセンス契約書/売買契約書/代理店契約書/秘密保持契約書/特許出願明細書/会社登記/裁判訴状/ほか 

これらの文書は、翻訳者が法律の知識や、法律を解釈する能力が必須になってきます。
翻訳者自身が日本とその国、双方の法律用語や解釈方法を知識として持っていることが法律翻訳会社選びの大前提となります。

法律翻訳の料金相場

翻訳する文書によって開きがありますが、1ワード10円~40円ぐらいまでが相場になります。

もし法律翻訳にも関わらず1ワード5円など、単価が極端に安い会社がありましたら、それは企業努力による低価格化ではないので注意が必要です。機械翻訳だったり、チェック工程を外していたりと、何かしら安さの裏にはカラクリがあります。問い合わせをする前に、しっかりと料金を確認しておきましょう。

法律翻訳でオススメな翻訳会社

アイコス/アットグローバル/インターブックス/クリムゾンインタラクティブ・ジャパン/グローヴァ/ケースクエア/ユレイタス/JOHO/NAIWay

法律翻訳でオススメな翻訳会社は? ランキングはこちら

ページの先頭へ