【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング
決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

IR・会計

文書タイプの中でも専門的な部類に属する「IR・会計」ですが、この「IR・会計」を翻訳するにはどんな知識やスキルが必要でしょうか?また翻訳会社に委託する際、どのような基準で業者を選べばいいのでしょうか?このページでは、こうした疑問に答える情報を紹介しています。

「IR・会計」の翻訳は専門知識が不可欠

まず、IR・会計を翻訳するために何が必要か?という点ですが、一言でいうと、IR・会計についての専門的な知識と翻訳力が不可欠です。
そもそもIR・会計の翻訳は、株主や投資家に対して会社の経営成績や動向を伝えるためのものですが、その内容は単に広報というだけに留まらず、高い専門性を有しています。

決算資料の説明から、その内容に散りばめられた一つ一つの用語や数字、計算式、経営や財務、業績動向に関する専門的な知識と用語、企業のレポート、有価証券報告書、株式の用語、関連する法令や制度、規制に関する用語と翻訳の仕方など、専門的知識を無くしては完成しないのがIR・会計の翻訳です。

このような高い専門性が求められるIR・会計の翻訳においては、個人の力は到底及ばないので、翻訳は専門会社に依頼するのが妥当でしょう。
ではIR・会計の翻訳を依頼する業者はどのように選べばいいのか?について、考えてみましょう。

翻訳業者を選ぶポイントと注意点

IR・会計の翻訳業者を選ぶポイントと注意点について、以下の3点をピックアップしました。
いずれも大事な要目となっていますので、順番にチェックしてみてください。

高品質でグローバルな対応ができる会社

IR・会計の翻訳作業に求められる第一の資質は、高品質な翻訳が出来る能力です。
文書内容を正確に当該国の言語に翻訳することはもちろん、当該国の生活文化や常識に合わせた違和感のない文面に完成させるスキルが求められています。
こうした要素を満たせる翻訳会社に依頼すれば、高品質なIR・会計の翻訳文書が作成できるでしょう。

DTPなどデザイン力を持つ会社

翻訳能力の高さは最優先ですが、それに加え、DTPのスキルや編集技術を有する会社を選べば、IR・会計の翻訳文書はより魅力的なものになるでしょう。
なぜなら、単に翻訳するだけでなく、DTPを駆使した効果的なデザインを行えば、IR・会計の翻訳文書をデータが記載されただけの無機質なものから、読み手にとって興味と関心をそそる魅力的な出版物へと生まれ変わらせることができるからです。
そして魅力的なIR広報を発信すれば、その会社の知名度と注目度は一気に高まるに違いありません。

実績・経験・スキルを見て慎重に選ぶ

翻訳会社を選ぶ際の注意点は、口コミや評判だけで安易な依頼はしないことです。
口コミや評判には信頼できるものもありますが、中には事実と大きくかけ離れた偽情報も少なくないからです。
むしろ、業者を選ぶときは一社ずつ丁寧に実績や経験、得意分野、専門性を精査し、ファクトに基づいて真に実力ある会社を選ぶべきでしょう。
今回はIR・会計の翻訳が入用ですから、IR・会計の翻訳における実績とスキルが選定基準になることは言うまでもありません。

「頼れる」翻訳会社はどこ?翻訳会社TOP5ランキング 詳しくはこちら
実績
料金
スピード
口コミ
学術論文
各種証明書(公的文書)
特許・契約書
ビジネス文書
その他(マニュアルなど)
国内のマンガ・ゲーム・イベントの翻訳
技術
医療
法律
金融
歯科
土木・建築翻訳
IR・会計
会社設立
英語
中国語・韓国語
北欧5カ国語に対応する翻訳会社
ニーズが高まる翻訳・アラビア語
フランス語対策における翻訳会社の探し方
ドイツ語
スペイン語
ロシア語を取り扱う翻訳会社
ポルトガル語を取り扱う翻訳会社
イタリア語を取り扱う翻訳会社
トルコ語を取り扱う翻訳会社
ラテン語を取り扱う翻訳会社
ギリシャ語を取り扱う翻訳会社
ポーランド語を取り扱う翻訳会社
チェコ語を取り扱う翻訳会社
翻訳業者を決めるポイント
依頼の流れ
アイコス
アットグローバル
インターブックス
エディテージ
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
グローヴァ
ケースクエア
サンフレア
ジェスコーポレーション
トランスワード
ロゼッタ
ユレイタス
ACN
JOHO
NAIway
翻訳センター
スピード翻訳 by GMO
WIPジャパン株式会社
ブレインウッズ
Accent(アクセント)
ページの先頭へ