【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

特許・契約書

特許や契約書の翻訳を依頼するにあたっての会社選びのポイント、相場を紹介しています。

特許・契約書の翻訳会社を選ぶ際の注意点

特許や契約書と言っても様々な種類の書類があります。特許に関して言えば、まず、特許出願の手続きから、特許請求の範囲、明細書、発明内容の要約である要約書の作成、場合によっては図面と、1つの特許申請でいくつもの文書が必要になることも。

また、外国に特許を出願する場合、パリ条約にのっとった出願であれば、「パリルート」と呼ばれる出願方法をとり、特定の国ではなく、一群の国を対象に特許出願する場合は「国際特許出願」といった2種類があります。
どちらの方法でも英語翻訳が必要のため、特許出願に慣れている翻訳会社を選ぶ必要があります。注意して翻訳会社を選びましょう。

また、外国人を相手となると、細かく契約を結ぶ機会が発生します。ビジネスの現場で主に取り交わされる契約書としては、以下のような契約書があります。

ビジネス現場で取り交わされる主な契約書

チェック業務委託(請負) 契約書
チェック代理店契約書
チェック販売契約書
チェック秘密保持契約書

翻訳時にそれぞれ共通して言える注意点としては、翻訳対象や翻訳料金の明確化、納期遅延にならないための見極め、納品後のフォロー体制、翻訳後の著作権などがあげられます。

まず対象や料金の明確化についてですが、依頼する際に契約書の文言全てが翻訳対象なのか、一部だけで良いのか、それによって1ワード単位で料金を算出する会社の場合大きく違ってきます。
また、1ワード単位ではない算出方法をとっている翻訳会社もありますので料金体系は明確にしましょう。

特許や契約書の翻訳料金相場

特許は翻訳文書の中でも単価が高い部類と言われ、1ワード20円~60円が相場です。契約書関連については1ワード18円~が相場と言われています。契約書は翻訳範囲によって大きく料金が変わってきますので、上記のように翻訳依頼時は翻訳範囲を明確にしましょう。

特許・契約書翻訳でオススメな会社はこちら

グローヴァ/ケースクエア/サンフレア/ジェスコーポレーション/トランスワード/ユレイタス/JOHO

No.1の翻訳会社を決定! 特許・契約書翻訳でオススメな会社を見てみる

ページの先頭へ