【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

その他(マニュアルなど)

マニュアルや取扱説明書の翻訳を依頼するにあたっての会社選びのポイント、相場を紹介しています。

取扱説明書やマニュアル文書作成の翻訳会社を選ぶ際の注意点

取扱説明書やマニュアル文書のための翻訳会社選びのポイントとして、取扱説明書・マニュアルを得意とする、あるいは豊富な実績をもつ会社を選ぶことが重要となってきます。

海外で人気な日本製品には、使い方や利用方法を海外の人でもわかるようにするために、取扱説明書やマニュアルの用意は欠かせません。

取扱説明書も製品に応じて説明する深さや範囲もそれぞれ違います。
誰でもすぐに使用できる製品であれば、よりシンプルな取扱説明書を用意する必要がありますし、携帯電話のような多機能な精密機器であれば、辞書のような取扱説明書を用意する必要があります。テキストの量や記載内容の濃さは製品によって、必要に応じてまさにバラバラです。

さらに、家電製品ではなく、大型機械や工場などの大型施設などの工業製品ともなると、取り扱い方法から運用方法、メンテナンス方法や、万が一のための対策まで一連のマニュアルを用意する必要になるため、機械翻訳で済むレベルではありません。
技術的な知見がある翻訳者によって、正確性やわかりやすさを担保してもらい、翻訳されたマニュアルを用意する必要があります。

技術的な翻訳はネイティブならば誰しもができる内容ではなありません。光学的な知識や技術翻訳の経験が豊富であってこそ、わかりやすい取扱説明書やマニュアルを作ることができます。

ミスせず正しい使い方が誰でもできるようにするための文書なので、誤解を招くような翻訳文では決していけません。
その点を注意して翻訳会社を選ぶようにしましょう。

取扱説明書やマニュアル文書の翻訳料金相場

他の文書と同様に1ワードごとの単価を採用している会社が多く、相場は1ワード10円~。価格が高い翻訳会社では1ワード20円ぐらいになる会社もあります。より専門性が求められる場合は単価が上がってきます。失敗をしないよう技術翻訳が得意な会社を選ぶようにしましょう。

マニュアル文書翻訳に強い会社はこちら

アットグローバル/インターブックス/クリムゾンインタラクティブ・ジャパン/グローヴァ/ケースクエア/ジェスコーポレーション/ユレイタス/JOHO/NAIway

マニュアル文書翻訳に強い翻訳会社はどこ?
翻訳業者ランキングはこちら

ページの先頭へ