【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

各種証明書(公的文書)

公的文書の翻訳を依頼するにあたっての業者選びのポイント、相場を紹介しています。

各種証明書(公的文書)の翻訳会社を選ぶ際の注意点

まず、公的書類のための翻訳会社選びをする前に、提出先の機関で以下のことが求められてないかチェックをしましょう。

チェック翻訳会社・業者が指定されている
…指定されている場合は、その中から選んで依頼をしなければなりません。指定外の翻訳会社に頼むと、認証されないので注意。

チェック翻訳者の証明(翻訳証明書)が必要とされている
…翻訳証明書を手数料無料で発行できるところもある。必要であれば、依頼時に翻訳証明がいることを相談すると良い。

チェック公的確認が必要とされている
…公証人の認証や、領事認証の代行を行っている翻訳会社もある。各種手数料がかかることもあるので、依頼時に確認しておくと良い。

チェックアポスティーユが必要とされている
…アポスティーユとはハーグ条約締約国で提出できる「外務省の証明」のこと。アポスティーユを取得すると領事認証があるものと同等と見なされ、公印確認が不要となる。※ハーグ条約締約国であろうと、公印確認が必要な場合もあるため、提出先の大使館や領事館に前もって確認が必要。

依頼時のポイント

各種証明書、公的文書を国や地方自治体に提出する公的文書翻訳の経験をもった翻訳会社に担当してもらうことが重要です。
各種証明書を求められるケースとしては、移住や、留学、外国での就業などがあげられます。正確さがより求められる文書のため、確かな翻訳技術とスピーディに対応してくれる会社を選びましょう。

戸籍謄本や婚姻届、出生証明などを提出するにあたり、国によっては翻訳書類に関する要求条件が異なることがあります。

例えば、翻訳文に、翻訳品質を保証する宣誓文、さらに当該国の駐日領事による認証が必要とされたりします。どのような書類が必要なのかも外国語で書かれているケースがあります。書類に不備があったりすると受理されず、思うように事が進まないことがあります。

これらの面倒な手続きはできるだけスムーズにしたいところですので、正確かつ柔軟に相談に乗ってくれるような翻訳会社を選びましょう。 

各種証明書(公的文書)の翻訳料金相場

各種証明書(公的文書)の翻訳料金の相場は、例えば戸籍謄本を日本語から英語へ翻訳する場合、1通5000円前後が相場となっています。

一般的な文書翻訳はeメールにデータを添付して納品されるケースが多いのですが、公的文書の場合、翻訳証明書が求められるケースが多く、証明書付の翻訳文書を郵送で納品されます。提出先によって求められる提出要件は様々なので、どのような書類と証明書が必要かを発注前に予め確認をしてから、翻訳会社に見積りを依頼するのが良いでしょう。

公的文書の翻訳でオススメな会社はこちら

クリムゾンインタラクティブ・ジャパン/グローヴァ/ケースクエア/ユレイタス/ACN

公的文書で頼れる翻訳会社はどこ? NO.1の翻訳会社を決定!

ページの先頭へ