【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

ビジネス文書

ビジネス文書の翻訳を依頼するにあたっての業者選びのポイント、相場を紹介しています。

ビジネス文書の翻訳会社を選ぶ際の注意点

外資系企業が求める履歴書や、職務経歴書などがビジネス文書で代表的なものですが、他にも会議用の資料に、コミュニケーションをとるためのeメールなど多岐にわたります。単純なEメールならまだしも、履歴書や経歴書、会議資料となると、それなりにテクニックが必要となります。

そのため、文書の読みやすさや技術的な用語の統一性がビジネス文書で必要とされてきます。
ビジネス翻訳を依頼するための会社を選ぶポイントは以下のとおりです。

ビジネス文書翻訳 会社選びのポイント

チェック自社・取引先に関する分野が得意か
……基本的なことですが、その分野に強いかどうかをチェックしましょう。そうすることで、相手への伝わりやすさはグッと変わってきます。
チェック相手に最適、かつ、効果的なキャッチコピーや宣伝が得意か
……ビジネスにおいて、「いかに相手の心をつかめるか」は重要。依頼したい言語で相手の心をつかむには、相手に最適・効果的な宣伝を得意としている会社を選びましょう。

ビジネス文書は読み手にしっかりと伝えることができて、はじめてビジネスの成功が近づきます。
同じことを書いているつもりでも、言い回しがおかしかったり、統一性が全くない文書だと、誤解を招いてしまい信頼も損なわれてしまう可能性もあります。

例え日本人同士で日本語を使ったビジネスの現場でメールによるやりとりで誤解を生じ、コミュニケーションがうまくできないことがあります。これが非ネイティブである日本人と、ネイティブの外国人の間で文書によるコミュニケーションをとる場合、難しさがより高まるのは当然のことです。

簡単な文書だからといって機械翻訳を使っても、それが意図する翻訳文になっているかは確認のしようがありません。
だからこそ、人による翻訳で細かなニュアンスを汲み、わかりやすい翻訳文を用意していきたいところです。とはいえ、いちいち時間を要してしまうとビジネスとして成立しません。このようなケースではレスポンスが早く、対応もスピーディーな翻訳会社を選ぶようにしましょう。

ビジネス文書の翻訳料金相場

1ワードごとの単価を採用している会社が多く1ワード10円~が相場です。ビジネス文書でも専門的な用語が入ってきたり、契約書のような厳密性が問われる文書になると、1ワードごとの単価も上がってきます。

ビジネス文書翻訳でオススメな会社はこちら

アイコス/アットグローバル/グローヴァ/ケースクエア/サンフレア/ジェスコーポレーション/トランスワード/ユレイタス/JOHO

ビジネス文書でオススメな会社はどこ? 翻訳業者ランキングはこちら

ページの先頭へ