【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング
決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

ビジネス文書

ビジネス文書の翻訳を依頼するにあたっての業者選びのポイント、相場を紹介しています。

ビジネス文書の翻訳会社を選ぶ際の注意点

外資系企業が求める履歴書や、職務経歴書などがビジネス文書で代表的なものですが、他にも会議用の資料に、コミュニケーションをとるためのeメールなど多岐にわたります。単純なEメールならまだしも、履歴書や経歴書、会議資料となると、それなりにテクニックが必要となります。

そのため、文書の読みやすさや技術的な用語の統一性がビジネス文書で必要とされてきます。

ビジネス翻訳を依頼するための会社を選ぶポイントは以下のとおりです。

ビジネス文書翻訳 会社選びのポイント

チェック自社・取引先に関する分野が得意か

……基本的なことですが、その分野に強いかどうかをチェックしましょう。そうすることで、相手への伝わりやすさはグッと変わってきます。

チェック相手に最適、かつ、効果的なキャッチコピーや宣伝が得意か

……ビジネスにおいて、「いかに相手の心をつかめるか」は重要。依頼したい言語で相手の心をつかむには、相手に最適・効果的な宣伝を得意としている会社を選びましょう。

ビジネス文書は読み手にしっかりと伝えることができて、はじめてビジネスの成功が近づきます。

同じことを書いているつもりでも、言い回しがおかしかったり、統一性が全くない文書だと、誤解を招いてしまい信頼も損なわれてしまう可能性もあります。

例え日本人同士で日本語を使ったビジネスの現場でメールによるやりとりで誤解を生じ、コミュニケーションがうまくできないことがあります。これが非ネイティブである日本人と、ネイティブの外国人の間で文書によるコミュニケーションをとる場合、難しさがより高まるのは当然のことです。

簡単な文書だからといって機械翻訳を使っても、それが意図する翻訳文になっているかは確認のしようがありません。

だからこそ、人による翻訳で細かなニュアンスを汲み、わかりやすい翻訳文を用意していきたいところです。とはいえ、いちいち時間を要してしまうとビジネスとして成立しません。このようなケースではレスポンスが早く、対応もスピーディーな翻訳会社を選ぶようにしましょう。

ビジネス文書の翻訳料金相場

1ワードごとの単価を採用している会社が多く1ワード10円~が相場です。ビジネス文書でも専門的な用語が入ってきたり、契約書のような厳密性が問われる文書になると、1ワードごとの単価も上がってきます。

ビジネス文書翻訳でオススメな会社はこちら

アイコス/アットグローバル/グローヴァ/ケースクエア/サンフレア/ジェスコーポレーション/トランスワード/ユレイタス/JOHO

対応言語についても確認しておく

翻訳会社を探す際は、翻訳技術や価格以外だけではなく、対応言語についても調べておくことが勧められます。

その理由として、年々変化しつつある経済活動のあり方が挙げられます。

英語圏以外の国への進出が活発化

2015年に発足した「ASEAN経済共同体(AEC)」は、東南アジア地域の主要国が参加を表明したことによって、域内の総人口約6億人、名目GDP2兆ドル、域内の総貿易額2.1兆ドルにのぼる経済圏へと成長しました。

そのことから、中国のバブル崩壊の影が迫っていることを危惧した日本企業は、チャイナ・リスクを回避するために経済成長を遂げたASEAN地域に進出を検討しているところが増えています。

しかし、ASEAN地域への進出が増えると同時に、言語の壁にぶつかる人が多いのも現状です。

言語は、ビジネスにおいても必須となります。相手とうまくコミュニケーションができなければ、ビジネスも円滑に進められません。

ASEAN地域への進出を失敗しないために、英語同様ASEAN諸国で使用されている言語対策も必要となります。

まだまだマイナーなのが現状

ASEANの地域によっては、英語あるいは日本語に強い地域があれば、そうでない地域もあります。

英語に強い地域ならフィリピン、比較的日本語ができる人材がいるベトナムなら特別言語に関して不安を抱く必要はありません。

ただ、タイやインドネシア、ラオス、ミャンマー、カンボジアと言った地域には、日本語翻訳者が少なめ。あるいは、間に英語を交えてから日本語翻訳を行う翻訳者が目立ちます。

それらの国に企業進出を行う場合は、その地域の言語に精通している翻訳業者の力が欠かせません

東南アジア地域の言語をメインにしているところへ!

需要が高まってきているASEAN諸国の方とのコミュニケーションは、その地域の言語に特化した翻訳業者へ依頼するのが得策です。

ASEAN諸国の言語に強い翻訳業者に依頼をすれば、正確な日本語翻訳あるいは現地語翻訳をしてくれるので、現地企業のとの関係を深めやすくなります。

ただ、英語やフランス語に比べると、ASEAN諸国の言葉は業者によって翻訳の質が低い傾向があります。

そのため、日本語からアジア圏の言語へ翻訳を依頼するなら、質はもちろんおこと、ASEAN諸国の言語翻訳実績をどれだけ積み重ねているのかを注視しましょう。

「頼れる」翻訳会社はどこ?翻訳会社TOP5ランキング 詳しくはこちら
実績
料金
スピード
口コミ
学術論文
各種証明書(公的文書)
特許・契約書
ビジネス文書
その他(マニュアルなど)
国内のマンガ・ゲーム・イベントの翻訳
技術
医療
法律
金融
歯科
土木・建築翻訳
英語
中国語・韓国語
北欧5カ国語に対応する翻訳会社
ニーズが高まる翻訳・アラビア語
フランス語対策における翻訳会社の探し方
ドイツ語
スペイン語
ロシア語を取り扱う翻訳会社
ポルトガル語を取り扱う翻訳会社
イタリア語を取り扱う翻訳会社
トルコ語を取り扱う翻訳会社
ラテン語を取り扱う翻訳会社
ギリシャ語を取り扱う翻訳会社
ポーランド語を取り扱う翻訳会社
チェコ語を取り扱う翻訳会社
翻訳業者を決めるポイント
依頼の流れ
アイコス
アットグローバル
インターブックス
エディテージ
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
グローヴァ
ケースクエア
サンフレア
ジェスコーポレーション
トランスワード
ロゼッタ
ユレイタス
ACN
JOHO
NAIway
翻訳センター
スピード翻訳 by GMO
ページの先頭へ