【決定版】No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

決定版No.1の翻訳会社はここだ!翻訳業者おすすめ比較ランキング

翻訳会社選びにお困りの方へ、おすすめの翻訳会社や参考情報を紹介。

学術論文

学術論文の翻訳を依頼するにあたっての業者選びのポイント、料金相場を紹介しています。

学術論文の翻訳会社を選ぶための3つの注意点

学術論文を翻訳依頼する際に、確認しておきたい3つのポイントをお教えします。

1.依頼したい分野が得意か

学術論文の翻訳では専門的な知識が必要となります。
日本人がみな日本語で専門的な論文を書けないのと同様に、翻訳もネイティブの人が必ずしも専門的な論文を書けるとは限りません。例えば、英語力を測るテストで良いスコアをもっている翻訳者が売りの翻訳会社だったとしても、各分野の専門知識を持っているわけではないのです。
学術論文には教育、社会学、経営学、科学、医学、エンジニア系、自然科学など分野は多岐にわたるため、その分野を得意とする専門的な翻訳会社に依頼をする必要があります。

2.実績と専門の翻訳者が存在するか

また、実際に翻訳した文書を誰が読むのかも検討しておくことも重要。読者が学者等の専門家ならまだしも、その学問に精通しているわけではない一般読者が読むことが想定されているならば、わかりやすい解説を交えての翻訳が必要です。
判断基準としては学術論文の翻訳実績がある会社や、その分野の専門教育を受けている翻訳者が在籍しているかどうか、翻訳を依頼する際に確認をしておく必要があります。

3.機密保持契約が結べるか

さらに学術論文には機密性が高い内容が含まれている場合もあるでしょう。翻訳した内容を発表する前に第三者に漏らされてしまったら元も子もありません。機密保持契約がしっかりと結べる、信頼できる会社を選ぶ必要があります。

学術論文の翻訳料金相場

相場の一例として、和英翻訳の場合、1ワードにつき10〜15円ぐらいが相場になります。
相場と比べて、ずっと低い価格を提示している翻訳会社は機械翻訳を使っている可能性があるため、学術論文の翻訳には適しません。この翻訳料金の相場を目安にして翻訳会社選びの参考しましょう。

学術論文の翻訳でオススメな会社はこちら

アットグローバル/インターブックス/エディテージ/ケースクエア/ユレイタス/ACN/JOHO/翻訳センター

学術論文に強いところはどこ? 翻訳業者ランキングはこちら

ページの先頭へ